読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

penpoko’s blog

現役小学校司書による読み聞かせに使える本の紹介などをしていきます

おっきょちゃんとかっぱ

おっきょちゃんとかっぱ


この本は2年生の読み聞かせに使ってます。


かっぱのガータロと仲良くなったおっきょちゃんは
水底のかっぱの世界へと招待されます。
ちょうど夏まつりの最中で、ガータロと楽しい
時間を過ごしたおっきょちゃんでしたが、おまつりの
おもちを食べると、もといた世界のことを全部忘れて
しまって…ガータロのうちの子として暮らしていた
おっきょちゃんはある日、自分の服でお母さんが
作ってくれた人形を川で見つけ、今までのことを
全部思い出します。家へ帰りたいと泣くおっきょちゃん
を、ガータロや大人たちは、「ちえのすいこさま」の
力を借りて、もとの世界へもどしてあげます。
 
時間が17分くらいかかりますが、子供たちはかっぱの世界に
引きこまれ、おっきょちゃんの記憶がなくなるところで
「え〜」とビックリし、もとの世界にもどるところでまた
「え〜」となってくれます。
絵も、降矢奈々さんでとてもステキです!
 

ちいさなきしゃとおおきなおきゃくさん

ちいさなきしゃと おおきなおきゃくさん


この絵本は、いつも1年生の読み聞かせに使います。

 

ちいさな汽車が、海や森、ジャングルで、おおきな動物の

おきゃくさんを乗せていきます。終点の町に着くと

動物たちは、ただでさえ無理やり乗ってるのに、それぞれ

たくさん買い物をして戻ってきます。またもや無理やり

乗り込んだ動物たち。そこへ一匹の蜂が、ぞうのおばさんの

鼻の中へ…ハッ、ハッ、ハックッショーイ‼︎  

カンカンの運転手さんを尻目にどこまでものんきな動物たち

なのです。

 

大きめの絵本なので、2クラスくらい一緒でも大丈夫です。

動物たちが汽車に乗っていくたびに、汽車のシュッシュッ…

チャッチャッ…を重そうにゆっくり読んでいきます。

子ども達も一緒に、シュッシュッ…と口ずさんでくれると、

ちょっとうれしくなります。

獣の奏者

「獣の奏者」完結セット

児童文学の王道、上橋菜穂子さんの作品。

小学校高学年でこれが読めれば、大人になっても読書が
楽しいと思えるはず。
恥かしながら、私は学校司書になってから読みました。
子供の頃、母を目の前で失った主人公エリンが獣使いになる
まで、様々な困難にぶつかり、出生の秘密や様々な国の謀略に
巻き込まれながらも、恋をし、子供を産み、最後は…
と、すごいスピードで物語が進行していきます。
対象は、読書好きな高学年。男女どちらでも大丈夫です。
外伝は少し大人向けの内容です。